インターエデュ 国語塾 国語家庭教師 国語個別指導 国語専門塾 高校受験 大学受験 国語専門塾 インターエデュ

記述式 記述問題 センター後継テスト 記述問題



 

我が子の受験的成功を願いつつも、今のような「詰込み式」の勉強を続けていては、 「受験バカ」や「燃えつき症候群」になってしまうのではないか・・・と不安です。 良いアドバイスが欲しいのですが。

中学受験界では、

@子供が自我に目覚める前の受験であり、子供に「量」の勉強を強制することが 可能なこと

A塾の授業で「質」を確保するには、経営上困難があること。
から「質より量」式の勉強方法が横行しています。それなりの「量」が必要なのは 当然です。  
 
しかし、勉強の究極の目的は「自らの判断により世の中を渡れるようになること」 (=自立)であり、その自立のために重要なのは、知識を前提とした「知恵」である ことを考えると、「質より量」(つまり知恵より知識)式の勉強は「問題あり」と言う べきでしょう。    
 
そこで、当教室では国語の問題を解くのに(ひいては「自立」のために)必要な 「考え方」「発想法」(つまり知恵)を身につけることを主眼として勉強して頂いて います。 また、ご両親にも推薦図書を用意しています。 (「ゆとり学習で『高い学力』 をつける本」等、中山治氏の本を中心にお勧めしています。貸出用も準備しています。)

 

 


どのような講師が教えているのですか?

毎年、中学入試の問題を解き、最近の流行も知り尽くしている講師が、責任を持って 教えています。 (元四谷大塚講師 元日曜テスト出題担当・早稲田大学法学部卒)         

 


 

塾の成績もよいので、βと塾との併用を考えています。

御三家などに合格した方の例を教えてほしいのですが。

 

例1

(麻布・渋幕等合格、2006年入試)

入室は5年生の11月。塾はN。

 国語は週1回、算数はまあまあ得意だったので、深見先生が月1回点検、入試が近づくにつれて頻度を上げる、という作戦。Nも最後まで利用する予定だった。

しかし、11月のSとYの学校別模試で苦戦したこともあり、1月はN には行かず、βのみで集中特訓と予定変更。

麻布、渋幕の入試では、至近のホテルにて、夜、早朝と授業を実施し、頭を「起動。」

 

例2

(筑駒・開成等合格、2004年入試)

入室は6年生の5月。塾はK舎からY(開成特別)。

 国語に加え、算数も(=鈴木先生が担当)βで指導。(各週1回ずつ)

「ベースは塾で、弱点補強や、具体的な学校への対策はβで」という方針で、Yもやめずに最後まで利用。

(Yの宿題の中で「本人に役立たないもの」は母がやって提出したことは何度もあったが・・・・)

筑駒の入試では、至近のホテルにて、夜、早朝と(門の中でも)授業を実施し、頭を「起動。」

 

 


他の科目も指導してもらえるのですか?

社会の授業は、春夏冬の休みに開講します。 そして、そこで身に付けた知識のメンテナンス、さらには知識の「運用方法」の伝授を通常授業のなかで行います。
 
他の科目については、個人指導において実績のある教師(個人指導歴10年以上の実力ある先生方です。=実力のない先生は当教室では生き残れません。)をご紹介します。 (過去23年間の6年生、447名中280名の方に ご紹介しています。)

 


家庭教師に来てほしいのですが
原則としてお受けしていません。

しかし、例外的に受講希望の方のご自宅と、担当予定の先生の自宅が同一方面(同じ沿線であるなど)である場合にお受けできる場合もございます。お気軽にご相談下さい。

⇒ 家庭教師情報はこちらです。 http://zenpo.blog12.fc2.com/blog-category-13.html

授業はどのようにすすめるのですか? 内容を詳しく教えて下さい。

「解き方のノート」を作って頂きます。このノートを 問題を解く前に繰り返しチェックすることで、正しい 考え方ができるようになります。



一見難しそうでも、正しい考え方をすれば、 ほとんど子が解けてしまうという問題が、 実はたくさんあるのです。

 

という手順を繰り返してもらうことになります。
そして、その基本がマスターできた後は、

 



宿題は、予習シリーズ・読解ベストテン等となります。解き方が崩れていれば、添削の上、やり直しを命じる FAXをお送ります。

※その場で課題をやるという「ムダな時間」がありません。一般に行われている指導に比べ、倍の時間に相当する効果が期待できます。

欠点を補う方法も「解き方のノート」に残して頂きます。
この「残す」ということが、受験勉強で成功するための、「最重要事項」です。

 

という流れになります。 (入試が近づいてきたら、宿題は、受験校の過去問となります。)

★宿題は、過去問1年分程度です。
  他教科とのバランスを考えてお出しします。


貸し出し用FAXもございます。

 


記述が多い学校の対策はどのようになりますか?

@ノートを見直した後、宿題(志望校の過去問が中心となります。)を解く。
A答案を教室へFAXで送る
B教室から返ってきた「添削された答案」をもとに直しを考える
C欠点修正のための授業を受ける。
D授業の中でノートを作成する。
  という手順で準備を進めていきます。

なお、記述問題=高級 記号問題=低級というような議論が一部でなされていますが、これは不当です。
なぜなら、答えを作成する中で、
@設問・本文からの条件抽出
A条件に基づく方針決定
B方針に沿った思考
C答案化
  という過程をふんでいくという点では、両者に本質的な違いはないからです。

 

 

当教室では、充実した家庭学習のため授業参観をお勧めしています。

医師・弁護士・公認会計士・大学教授・会社経営者等の知的職業の親御様が
お子様の授業を参観なさり、納得されています。


 

 

どのような地域から通っているのですか? 我が家から遠いので、通い切れるか不安です。

過去の受講生(中学受験)の居住地域です  
東京都
千代田区12名 板橋区6名 港区52名 大田区17名 杉並区12名 練馬区9名 台東区12名 文京区77名 豊島区10名 北区6名 荒川区5名 江東区7名 新宿区7名 品川区9名 世田谷区21名 葛飾区7名 中央区10名 足立区13名 中野区3名 渋谷区12名 墨田区4名 目黒区13名 江戸川区5名 調布市1名 国分寺市2名 小金井市2名 町田市4名 
東村山市2名 府中市2名 三鷹市3名 国立市1名 八王子市1名
千葉県
千葉市4名 市川市5名 我孫子市1名 浦安市4名 東葛飾郡1名 佐倉市2名
習志野市1名 鎌ヶ谷市2名 柏市5名 松戸市3名

埼玉県
川口市3名 吉川市2名 志木市2名 春日部市1名 朝霞市2名 座間市1名 さいたま市1名 越谷市1名 蓮田市1名 草加市1名 和光市1名 川越市1名 上尾市1名
神奈川県
川崎市10名 横浜市37名 厚木市3名 藤沢市2名
その他
宇都宮市1名 
山形市1名    (計447名)

 

遠くから長い時間をかけて通塾するだけの価値がある授業を実施するよう、常に努力して います。

 


入会金・授業料について教えて下さい。

※塾一般とは異なり、当教室の授業料は『後払い』となっております。
 その為、入室保証金をお預りしております。
 (いわば授業料に関しての
敷金的なお金でございます。精算後全額返還いたします。)

入会金30,000円(税別)をいただきます。(兄弟・姉妹に有効)
入会保証金100,000円(個人ごと)をお預けいただきます。⇒☆入室保証金の管理方法について
入会保証金につきまして、預り証を発行いたします。

授業の設定は、1回2時間が原則です。

授業料は、
⇒1時間当たり8,000円(税別)となります。

★当教室は広告宣伝に経費を
ほとんど割いておりません。
道理にかなった(リーズナブルな)授業料で
業界トップクラスの先生方の授業をお受けいただいております。


責任者ぜんぽう
(教室での指導のみです。スミマセン。)
1時間当たり10,000円(税別)
(創設以来値上げしておりません。)

また、実際は30分程度の延長が日常的になっていますが、その分の費用もいただいておりません。(当教室に通っている以上、必ず『できる』ようになっていただきます。妥協は一切ありません。)

「遠方からお通いいただくだけの価値がある授業」 を実施するよう常に努力しています。

http://zenpo.blog12.fc2.com/blog-date-200712.html


※ ぜんぽうの授業ご希望の方は、その旨お問い合わせにお書きください。


教材費等の金銭は、いただきません。
(但し、ご要望で特段の教材を使う場合のみ、実費をご負担いただきます。)


入会金は入会に際して頂戴し、一切お返しいたしません。
入会保証金は、退会時もしくは入試終了時(=受講終了時)に精算の上、残金を全額お返しいたします。
 
入会金・入室保証金のお支払いは、初回授業後です。
授業内容、講師のレベルについて御納得いただいた後のお支払いとなります。


授業の設定については、状況に応じ、隔週、などの設定も可能ですので、お気軽にご相談下さい。


授業開始前に担当講師と十分面談していただき、ご要望をお伺いします。

※ ご希望により、体験授業も可能です。
  体験授業は通常の授業料のみで受講いただけます。(お気軽にどうぞ)

 

 

 


スケジュールはどのように決定するのですか?

新年度開始前(例年は12月末までにお出しいただいています。)に第3希望までのご希望をお出しいただき、そのご希望の範囲内で、調整の上、決定します。

年度途中の入室の場合も、極力ご希望に沿って決定します。

※平日の授業時間帯について、
  開始時間は、・16:30〜 ・19:00〜がおおよその原則です。
  また、授業時間は1回2時間がおおよその原則です。

 


年末・年始・祝日の授業はどうなりますか?

すべて授業があります。
特に年末・年始は受験生にとって極めて重要な時期ですので、例年大晦日・元旦共、入試に向けての特別授業を行っています。

さらに2月に入ってからも、次の日の入試に向けて最終調整を行います。



  記述式 記述問題 センター後継テスト 記述問題

インターエデュ 国語塾 国語家庭教師 国語個別指導 国語専門塾 高校受験 大学受験 国語専門塾 インターエデュ